代表挨拶
  • HOME>
  • 代表挨拶

代表挨拶

代表取締役

住宅建設は、お客様と設計事務所、多くの専門業種と職人、そして私たち幹建設の社員が共に想いを一つにして創りあげていかなければならない、とても責任のある、煩雑な業務です。幹建設の社名『幹』には、共に想いを一つにし、遂行していく『1本の大きな幹であれ』という意味が込められておりますが、おかげさまで創業から22年が過ぎ、その『幹』が、ともて太く・丈夫に成長していると感じでおります。
当社の住宅建設の特徴は、施工主様が建築家や設計事務所へ依頼したこだわりの住宅を創りあげることです。木造、RC造、鉄骨造と様々な建物に精通しており、設計事務所が求めるクオリティに対し、しっかり対応できる体制を整えております。
近年、原材料費の高騰、住宅コスト削減や工期短縮、職人不足などの影響で、住宅もパッケージ化されつつあり、個性のある住宅が少なくなってきました。しかし、一生に一度、自分が住みたい理想の家を創りたいお客様もたくさんおります。そうしたオーダー住宅を創りあげるためには、携わる建設会社も同じ想いを描かなければ、理想の家づくりをすることができないと考えております。
私たちは創業からこれまで、そうしたお客様の家を創り続けてきました。それにより、当社スタッフをはじめ、職人や下請け業者も、お客様の想いをしっかり受け止め、設計者のこだわりを理解し、家づくりをすすめることができます。そこが私たちの『幹』であり、他社にはないスピリットなのです。
高齢化社会、人口減少などこれから時代の変化をしっかり受け止め、今後もしっかり私たちの『幹』を成長させていくように努めてまりいます。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

株式会社幹建設 代表取締役
内田 善文